ろう者が見る夢 : 日本手話とろう文化 続々

木村晴美 著

「ろう文化宣言」から17年。「ろう文化」への認知は広まったが、はたしてその内実は?言葉を一人歩きさせず、自文化中心主義に陥らない異文化理解のために大事なものとは何か?メルマガ"ろう者の言語・文化・教育を考える"からの単行本化第3弾。書籍化にあたってあらたに撮り下ろした写真多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本手話、手指日本語(日本語対応手話)、日本語-まったく別の言語
  • 2 ろう者が見る夢-ろう文化1
  • 3 デジタル社会とろう者-ろう文化2
  • 4 ろう者の頭の中、聴者の頭の中-ろう文化3
  • 5 手話は言葉である!-ろう教育の今
  • 6 手話通訳で本当に大事なこと-ろう通訳者を育てたい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ろう者が見る夢 : 日本手話とろう文化 続々
著作者等 木村 晴美
書名ヨミ ロウシャ ガ ミル ユメ : ニホン シュワ ト ロウブンカ
書名別名 Rosha ga miru yume
出版元 生活書院
刊行年月 2012.7
ページ数 178p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-903690-94-0
NCID BB09932110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想