アフィリーの遺産

クルト・マール 著 ; 五十嵐洋 訳

3586年1月、ネーサンはエネルギーの生産・消費量を急速に増大させていた。計測の結果、その増加ぶんはルナ地下のゲルミア・セクターに供給されたと判明する。だが、ゲルミア・セクターでの計画は、ローダンの政府によるものではなかった。ローダンたちが"ソル"で旅だったあと、アフィリーが立案したらしい。しかも、その詳細は不明だった。そこで、科学担当テラ評議員ペイン・ハミラーは、さっそく調査を開始した…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフィリーの遺産
著作者等 Mahr, Kurt
五十嵐 洋
マール クルト
書名ヨミ アフィリー ノ イサン
書名別名 DIE BASIS

ERBE DER APHILIE

Afiri no isan
シリーズ名 宇宙英雄ローダン・シリーズ 429
ハヤカワ文庫 SF 429
出版元 早川書房
刊行年月 2012.7
ページ数 268p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-011861-7
NCID BB09871479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"バジス"
アフィリーの遺産
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想