魑魅の館

さたなきあ 著

『あそこだけは、ヤバイんだ。業界では有名でね。あそこだけは、やめておけってね』その話題にさしかかったとき。それまで明るかった表情が一変し、「ヤバイ」「ヤバイ」という単語が、連呼された…。駅員、清掃員、カメラマン、老人、なんの変哲もない、ごく普通の人たちの日常の風景を描きながら、それがジワリジワリと壊れていく様を描く、実話系ホラー短編集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章「魑」(廃墟カメラマン
  • 地下鉄畸話・その1・鏡が割れる
  • 地下鉄畸話・その2・影の人 ほか)
  • 第2章「魅」(厭なモノにまとわりつかれる-紙袋
  • こわがらない男
  • 黄色いクマ
  • 笑う人)
  • 第3章「魍」(某霊園経由
  • 事故物件-死体不在の場合
  • 本日休診 ほか)
  • 第4章「魎」(すぐそばにいる
  • その枕は高価
  • 清掃員急募 ほか)
  • 第0章「巻末」(都市伝説インターミッション その1-よくころぶ理由
  • 都市伝説インターミッション その2-ホームの自販機 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魑魅の館
著作者等 さたな きあ
書名ヨミ チミ ノ ヤカタ
シリーズ名 ワニ文庫 K-22
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2012.7
ページ数 223p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-584-30922-3
全国書誌番号
22135666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想