米軍が恐れた「卑怯な日本軍」

一ノ瀬俊也 著

「卑怯な軍隊」の本家・元祖は何処の国?米軍が太平洋戦争末期に刊行した『卑怯な日本軍』を読めば、彼らが日本軍の不意打ち、地雷、仕掛け爆弾といったゲリラ戦術の数々を警戒していたことがわかる。米軍はそのような手を使う日本軍を「卑怯」と指弾したが、裏を返せば怖がっていたのである。だが、その「卑怯な戦法」を日本軍は大陸の中国戦線で「教訓」として学んでいった。となると…?知られざる国家間の対敵国用「戦法」「戦訓」マニュアル・策略等々の奇妙な連関を読み解く快著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカ軍の見た日本軍「対米戦法」の全貌(これが君の敵だ
  • 策略のかずかず ほか)
  • 第2章 日本軍「対米戦法」の歴史1-中国戦線編(日中戦争期の日本陸軍歩兵戦法
  • 陸軍は火力軽視ではない ほか)
  • 第3章 日本軍「対米戦法」の歴史2-南方戦線編(戦前の日米相互評価
  • 英米軍が緒戦で得た「戦訓」 ほか)
  • 第4章 日本軍「対米戦法」の主力兵器-地雷・仕掛け弾爆(「手榴弾が一番好い」
  • 優秀な中国軍手榴弾 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米軍が恐れた「卑怯な日本軍」
著作者等 一ノ瀬 俊也
書名ヨミ ベイグン ガ オソレタ ヒキョウ ナ ニホングン : テイコク リクグン センポウ マニュアル ノ スベテ
書名別名 帝国陸軍戦法マニュアルのすべて

Beigun ga osoreta hikyo na nihongun
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.7
ページ数 329p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-16-375480-2
NCID BB09775511
BB19835245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想