遠乃物語

藤崎慎吾 著

明治三九年、台湾原住民の査察を終え、郷里の遠野に戻っていた人類学者・伊能嘉矩は、天ヶ森近くの熊野神社で、マラリヤの発作を起こして倒れる。目をさました彼は、介抱してくれた佐々木喜善とともに、「遠乃」という、郷里とは似て非なる町に迷い込んでいることを知る。違いはほとんどない。しかし、ここでは、昔語りも言い伝えも存在しないようなのだ-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遠乃物語
著作者等 藤崎 慎吾
書名ヨミ トオノ モノガタリ
出版元 光文社
刊行年月 2012.7
ページ数 414p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-334-92836-0
NCID BB1119263X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想