トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか : 低体温症と事故の教訓

羽根田治, 飯田肇, 金田正樹, 山本正嘉 著

2009年7月16日、大雪山系・トムラウシ山で18人のツアー登山者のうち8人が死亡するという夏山登山史上最悪の遭難事故が起きた。暴風雨に打たれ、力尽きて次々と倒れていく登山者、統制がとれず必死の下山を試みる登山者で、現場は修羅の様相を呈していた。1年の時を経て、同行ガイドの1人が初めて事故について証言。夏山でも発症する低体温症の恐怖が明らかにされ、世間を騒然とさせたトムラウシ山遭難の真相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大量遭難(十五人の参加者と三人のガイド
  • ツアー初日
  • 差が出た濡れ対策
  • 出発の判断
  • 異変の徴候
  • 足並みの乱れ
  • 一気に進んだ低体温症
  • 介抱か下山か
  • 決死の下山
  • 遅すぎた救助要請
  • 喜びのない生還)
  • 第2章 証言(面識のなかった三人のガイド
  • なぜ出発を強行したのか
  • 聞けなかった「引き返そう」のひとこと
  • 支えてくれた人たちのありがたさ)
  • 第3章 気象遭難(遭難時の気象状況
  • トムラウシ山周辺の気象状況
  • 遭難時の気象の特異性
  • 気象から見たトムラウシ山遭難の問題点)
  • 第4章 低体温症(低体温症との接点
  • 低体温症の基礎
  • トムラウシ山パーティの低体温症
  • 他パーティの低体温症
  • 低体温症の医学的考察
  • 多様な病態を示す低体温症)
  • 第5章 運動生理学(気象的な問題
  • 身体特性の問題
  • 体力の問題
  • エネルギーの消費量と摂取量の問題
  • 事故防止に向けた提言)
  • 第6章 ツアー登山(ツアー会社は山のリスクを認識していたか
  • 安全配慮義務と旅程保証義務
  • ガイドの資格問題
  • 商品に反映されるツアー客のレベル
  • それでもツアー登山に参加するワケ
  • ツアー登山は自己責任か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか : 低体温症と事故の教訓
著作者等 山本 正嘉
羽根田 治
金田 正樹
飯田 肇
書名ヨミ トムラウシヤマ ソウナン ワ ナゼ オキタ ノカ : テイタイオンショウ ト ジコ ノ キョウクン
シリーズ名 ヤマケイ文庫
出版元 山と渓谷社
刊行年月 2012.8
ページ数 365p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-635-04746-3
NCID BB10385886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想