不幸にする親 : 人生を奪われる子供

ダン・ニューハース 著 ; 玉置悟 訳

過干渉、生活のすべてを指図する、言うことがコロコロ変わる、完璧でないと許さない、子供を傷つけて楽しむ…。子供を「不幸にする親」は、親が喜び、親を守り、親のためになるように子供を支配する。子供は大人になってものびのびと生きる幸福を感じられず、自らも将来「不幸にする親」になる可能性も。「支配を断つ方法」から「親を許すべきか、接触を断つべきか」まで、あなたがこれまで出せなかった「答え」へと導く本!ロングセラー『毒になる親』の解決編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 親の有害なコントロールとは
  • 1 こういう親が子供を不幸にする(心が健康な親vs.コントロールばかりする親
  • 有害なコントロールのパターン)
  • 2 問題をよく理解しよう("有害なコントロール"の仕組みはこうなっている
  • 過去からの遺産は大人になって現れる
  • 彼らはなぜ子供をコントロールばかりするのか)
  • 3 問題を解決しよう(不健康な心の結びつきを断ち切るには
  • 親との関係の持ち方を変えるには
  • 人生をリセットする)
  • 過去に意味を見いだす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不幸にする親 : 人生を奪われる子供
著作者等 Neuharth, Dan
玉置 悟
ニューハース ダン
書名ヨミ フコウ ニ スル オヤ : ジンセイ オ ウバワレル コドモ
書名別名 If You Had Controlling Parents

Fuko ni suru oya
シリーズ名 講談社+α文庫 F35-2
出版元 講談社
刊行年月 2012.7
ページ数 281p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-281481-2
NCID BB10308819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想