黄門さまが奔る! : 元禄姫君捕物帖

鎌田樹 著

「薬研堀で生類憐れみの令を愚弄する千寿会という集まりがある」との情報を掴んだ将軍綱吉の愛娘・松姫と同心・秋元晶一郎。勇躍、大川で鱚釣りに興じる一味の屋形舟に乗り込むが、捕縛は失敗に終わる。その時、巨大な城のような軍船が大川に姿を現した。しかもその帆には徳川家の御紋が…。それは将軍綱吉が唯一頭の上がらないご老公、徳川光圀が腹に一物もって江戸にやってきて、何かをしでかす予兆だった。松姫と晶一郎の迷コンビにご老公がからむ抱腹絶倒の大騒動。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄門さまが奔る! : 元禄姫君捕物帖
著作者等 鎌田 樹
書名ヨミ コウモン サマ ガ ハシル : ゲンロク ヒメギミ トリモノチョウ
書名別名 Komon sama ga hashiru
シリーズ名 特選時代小説 か-18-5
廣済堂文庫 か-18-5
出版元 廣済堂
刊行年月 2012.8
ページ数 317p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-331-61488-4
全国書誌番号
22134880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想