木戸の弓張月 : 大江戸番太郎事件帳 23

喜安幸夫 著

杢之助が木戸番を務める左門町の近く、忍原横丁の一角で事件が起きた。隠居夫婦宅に押し入った強盗が二人を殺し、その後、夜鳴蕎麦を商う宇市の妻を人質にして長屋に立て篭ったものの、宇市と揉み合ううちに刺殺されてしまったというのだ。町人たちは老夫婦の仇を討ったと宇市を称賛するが、事件の流れと宇市の様子に杢之助は疑念を抱く。やがて宇市に近づく悪党たちと、五年前に宇市夫婦の一人息子が大八車に轢かれて死んだ事件の関連を探り、裏にもう一つの仇討ちが隠されているのを知るのだが…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 木戸の弓張月 : 大江戸番太郎事件帳 23
著作者等 喜安 幸夫
書名ヨミ キド ノ ユミハリズキ : オオエド バンタロウ ジケンチョウ
シリーズ名 特選時代小説 き-6-24
廣済堂文庫 き-6-24
出版元 廣済堂
刊行年月 2012.8
ページ数 306p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-331-61485-3
全国書誌番号
22134962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想