進化論150年後の真実 : ダーウィン/ウォーレスの霊言

大川隆法 著

死後のダーウィンが自ら認めた進化論の矛盾とは。心霊主義の観点から進化論を提唱したウォーレスの霊言も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「神なき進化論」の末路-ダーウィンの霊言(進化論の提唱者たちの「その後」を探る
  • 「進化論」の意図はどこにあったか
  • ウォーレスをどう見ていたか
  • ダーウィンは「神」を超えたのか
  • 再び、「死後の行き先」を問う
  • ダーウィンの「功罪」について)
  • 第2章 「霊的進化論」が拓く未来-ウォーレスの霊言(ウォーレスが考える「進化論」とは
  • 科学の発展と、宗教のあるべき姿
  • ウォーレスの過去世
  • 「科学者で信仰者」が堂々と成り立つ世界を
  • 「最終の法」を説くために必要なこと)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 進化論150年後の真実 : ダーウィン/ウォーレスの霊言
著作者等 大川 隆法
書名ヨミ シンカロン ヒャクゴジュウネンゴ ノ シンジツ : ダーウィン ウォーレス ノ レイゲン
書名別名 Shinkaron hyakugojunengo no shinjitsu
シリーズ名 OR BOOKS
出版元 幸福の科学
刊行年月 2012.7
ページ数 201p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86395-215-7
全国書誌番号
22136702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想