プラトン理想国の現在

納富信留 著

ユートピア論最大の著作『ポリテイア』(『国家』)は、理想の国家建設を目指す近代日本の魂を揺さぶった。やがて、全体主義のイデオロギーに利用されてゆく運命を辿った問題作の核心に触れる、野心的な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現在の鏡としての『ポリテイア』(『ポリテイア』の正義論
  • 理想国論批判の再考
  • 「哲人王ホメイニー」)
  • 第2部 『ポリテイア』を読んだ日本の過去(新しい日本語のプラトン
  • 明治から大正へのプラトン
  • 戦前から戦後へのプラトン
  • 「理想国」への挑戦と挫折)
  • 第3部 私たちが語る未来の「ポリテイア」(「ポリテイア」とは何か?
  • 「天上に掲げられたポリス」
  • 「理想」を書く/読むこと)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトン理想国の現在
著作者等 Plato
納富 信留
書名ヨミ プラトン リソウコク ノ ゲンザイ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.7
ページ数 293,5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-1948-1
NCID BB09842583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想