惨風悲雨世路日記

佐藤蔵太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇
  • 第一回 誰言春色從東到露暖南枝花始開
  • 第二回 高才不免爲人忌直道曾聞與世疎
  • 第三回 花摧猛雨空春苑月掩行雲慘夜天
  • 第四回 支頣讀書幾掩卷含情遙懷意中人
  • 第五回 書斷碧天鴻沓々夢飛狐枕蝶悠風
  • 第六回 風流才子多才思膓斷蕭娘一紙書
  • 第七回 背壁一燈慘痩影誰家雙杵動新愁
  • 第八回 榮枯無窮浮世習悲歎不一人事常
  • 第九回 天道缺滿諺眞哉請見美人多薄命
  • 第十回 世上休説苦與樂人間萬事塞翁馬
  • 第十一回 一年春色他郷盡獨向東風涙濕衣
  • 第十二回 游子離魂隴上花風飄浪捲遶天涯
  • 第十三回 痴蝶逞痴痴愈痴狂蜂忘狂狂益狂
  • 第十四回 蟻螻初驚雲雨後蛟龍已去池中空
  • 第十五回 恨與積雪滋深矣憂似片雲凝未開
  • 第十六回 愁心不與花相係偏到花時愁更縈
  • 第十七回 寄語陽和如有意不妨寒谷春先回
  • 第十八回 客路浮生兩如寄萬重浪裏一浮萍
  • 第十九回 不爲傍人羞不起爲郎憔悴却羞郎
  • 第二十回 孝子多年天涯苦今日墓前數行涙
  • 第廿一回 今夜月圓花好所昔年花病月虧持
  • 後篇
  • 第廿二回 春色誰爲最駘蕩櫻花不知志士情
  • 第廿三回 狂漢日暮驕浮榮眞心半夜説沈倫
  • 第廿四回 開業正義之新紙述志愛國之志士
  • 第廿五回 空閨孤眠怨芳草夜々相思何日了
  • 第廿六回 三世因縁隨夢幻百年伉儷隔幽明
  • 第廿七回 佳人魂去白楊闃英雄骨朽青山寂
  • 第廿八回 誠意述情導秀才泣涕作文祭英雄
  • 第廿九回 痴漢誇能自禍招凶兒含毒諷其友
  • 第三十回 厭世少年命抛淵憂國志士身投獄
  • 第卅一回 罾窓臘盡不堪情幽螻春回感轉多
  • 第卅二回 友誼割雞祝出獄奸謀爲犬偵宴席
  • 第卅三回 佳人得媒嫁良家名士決志遊海外

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 惨風悲雨世路日記
著作者等 佐藤 蔵太郎
書名ヨミ サンプウ ヒウ セイロ ニッキ
書名別名 Sanpu hiu seiro nikki
出版元 岡本偉業館
刊行年月 大正10
版表示 訂正増補
ページ数 246p
大きさ 16cm
全国書誌番号
42010353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想