新しい左翼入門

松尾匡 著

なぜ理想は対立するのか。荒畑寒村、山川均、大杉栄、丸山眞男等思想史を代表する知識人が、マルクス、レーニン等の影響下、どのように社会活動を議論したのか-。社会を変革しようとした男たちを全く斬新なアプローチでヴィヴィッドに描く痛快社会学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「二つの道」の相克史戦前編(キリスト教社会主義対アナルコ・サンジカリズム-明治期
  • アナ・ボル抗争-大正期
  • 日本共産党結成と福本・山川論争-大正から昭和へ
  • 日本資本主義論争-昭和軍国主義時代
  • 戦前における「下から」の事業的変革路線)
  • 第2部 「二つの道」の相克史戦後編(共産党対社会党左派・総評
  • ソ連・北朝鮮体制評価の行き違い軌跡
  • 戦後近代主義対文化相対主義-丸山眞男と竹内好)
  • 第3部 「二つの道」の相克を乗り越える(市民の自主的事業の拡大という社会変革路線
  • 「個人」はどのように作られ、世の中を変えるのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい左翼入門
著作者等 松尾 匡
書名ヨミ アタラシイ サヨク ニュウモン : ソウコク ノ ウンドウシ ワ コエラレルカ
書名別名 相克の運動史は超えられるか

Atarashi sayoku nyumon
シリーズ名 講談社現代新書 2167
出版元 講談社
刊行年月 2012.7
ページ数 259p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288167-8
NCID BB09728577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想