武器としての社会類型論 : 世界を五つのタイプで見る

加藤隆 著

「個人の自由」が何より大切なのは、西洋型社会だけ!?第一線の神学者による世界の見方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 五つの社会類型からなる社会類型論(「上個人下共同体」社会類型
  • 「上共同体下個人」社会類型
  • 「全体共同体」社会類型
  • 「資格共同体」社会類型
  • 「掟共同体」社会類型)
  • 第2章 古代ユダヤ教とキリスト教(古代ユダヤ教の成立と展開
  • キリスト教の成立と展開)
  • 第3章 「西洋世界」の危機と「キリスト教」の採用
  • 第4章 「西洋」と「非西洋」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武器としての社会類型論 : 世界を五つのタイプで見る
著作者等 加藤 隆
書名ヨミ ブキ ト シテ ノ シャカイ ルイケイロン : セカイ オ イツツ ノ タイプ デ ミル
書名別名 Buki to shite no shakai ruikeiron
シリーズ名 講談社現代新書 2164
出版元 講談社
刊行年月 2012.7
ページ数 294p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288164-7
NCID BB09728555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22115551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想