太平記  第4編

大町桂月 校訂

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 二二六 田樂の事 附長講見物の事 / 927
  • 二二七 雲景未來記の事 / 932
  • 二二八 左兵衞督師直を誅せんと欲する事 / 940
  • 二二九 御所を圍む事 / 943
  • 二三〇 右兵衞佐直冬鎭西沒落の事 / 948
  • 二三一 左馬頭義詮上洛の事 / 950
  • 二三二 直義朝臣隱遁の事 附玄惠法印末期の事 / 951
  • 二三三 上杉畠山流罪死刑の事 / 952
  • 二三四 大甞會の事 / 956
  • 二三五 義詮朝臣御政務の事 / 958
  • 二三六 太宰少貳直冬を聟とし奉る事 / 959
  • 二三七 三角入道謀叛の事 / 959
  • 二三八 直冬朝臣蜂起の事 附將軍御進發の事 / 964
  • 二三九 錦小路殿南方へ落ち給ふ事 / 965
  • 二四〇 持明院殿より院宣を成さるる事 / 966
  • 二四一 惠源禪〓南方合體の事 附漢楚合戰の事 / 968
  • 二四二 宮方京攻の事 / 989
  • 二四三 將軍上洛の事 附阿保秋山河原軍の事 / 992
  • 二四四 將軍親子御退失の事 附井原石窟の事 / 997
  • 二四五 越後守石見より引返す事 / 1000
  • 二四六 光明寺合戰の事 附師直怪異の事 / 1003
  • 二四七 小清水合戰の事 附瑞夢の事 / 1007
  • 二四八 松岡城周章の事 / 1013
  • 二四九 師直師泰出家の事 附藥師寺遁世の事 / 1016
  • 二五〇 師冬自害の事 附諏訪五郎が事 / 1019
  • 二五一 師直以下誅せらるる事 附仁義血氣勇者の事 / 1021
  • 二五二 將軍御兄弟和睦の事 附天狗勢汰の事 / 1027
  • 二五三 高倉殿京都退去の事 附殷紂王の事 / 1029
  • 二五四 直義追罸の宣旨御使の事 附鴨社鳴動の事 / 1035
  • 二五五 薩埵山合戰の事 / 1036
  • 二五六 惠源禪門逝去の事 / 1042
  • 二五七 吉野殿相公羽林と御和睦の事 附住吉の松折るる事 / 1043
  • 二五八 相公江州落の事 / 1050
  • 二五九 持明院殿吉野遷幸の事 附梶井宮の事 / 1052
  • 二六〇 新田義兵を起す事 / 1055
  • 二六一 武藏野合戰の事 / 1061
  • 二六二 鎌倉合戰の事 / 1068
  • 二六三 笛吹峠軍の事 / 1070
  • 二六四 八幡合戰の事 附官軍夜討の事 / 1076
  • 二六五 南帝八幡御退失の事 / 1033
  • 二六六 茨宮御位の事 / 1086
  • 二六七 劍璽無くして御即位例なき事 附院御所炎上の事 / 1088
  • 二六八 山名右衞門佐敵となる事 附武藏將監自害の事 / 1090
  • 二六九 主上義詮沒落の事 附佐々木秀綱討死の事 / 1097
  • 二七〇 山名伊豆守時氏京落の事 / 1100
  • 二七一 直冬吉野殿と合體の事 附天竺震旦物語の事 / 1101
  • 二七二 直冬上洛の事 附鬼丸鬼切の事 / 1109
  • 二七三 神南合戰の事 / 1116
  • 二七四 京軍の事 / 1126
  • 二七五 八幡御託宣の事 / 1134
  • 二七六 三上皇吉野より御出の事 / 1135
  • 二七七 飢人身を投ぐる事 / 1137
  • 二七八 公家武家榮枯地を易ふる事 / 1140
  • 二七九 將軍御逝去の事 / 1142
  • 二八〇 新待賢門院 附梶井宮御隱の事 / 1144
  • 二八一 崇徳院の御事 / 1144
  • 二八二 菊池合戰の事 / 1146
  • 二八三 新田左兵衞佐義興自害の事 / 1153

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 太平記
著作者等 大町 桂月
書名ヨミ タイヘイキ
書名別名 Taiheiki
シリーズ名 学生文庫 ; 第33,40,41編
巻冊次 第4編
出版元 至誠堂書店
刊行年月 大正1-2
版表示 新訂
ページ数 3冊
大きさ 16cm
全国書誌番号
42010410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想