「平穏死」10の条件 : 胃ろう、抗がん剤、延命治療いつやめますか?

長尾和宏 著

なぜ、病院よりも在宅の方が穏やかに死ねるのか?500人を在宅で看取った町医者だから言える、満足いく死の準備。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 平穏死、自然死、尊厳死(がんの名医や看護スタッフでも、「死」は遠い存在である
  • 町医者が見て感じた、下町の普通の人の、500人の死とは? ほか)
  • 第2章 忘れられない平穏死(自宅は世界最高の特別室
  • 在宅療養でも痛みのコントロールはできる! ほか)
  • 第3章 「平穏死」10の条件(平穏死できない現実を知ろう
  • 看取りの実績がある在宅医を探そう ほか)
  • 第4章 人を幸福にする胃ろうとは?(胃ろうコントで理解を深める!
  • 胃ろうは単なる人工栄養の一道具。問題は、それをどう使うか。 ほか)
  • 第5章 その日を迎える前に-ここが知りたい(「平穏死」は理想論ではありませんか?
  • 在宅療養や在宅で死ぬことは、家族に負担をかけませんか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「平穏死」10の条件 : 胃ろう、抗がん剤、延命治療いつやめますか?
著作者等 長尾 和宏
書名ヨミ ヘイオンシ ジュウ ノ ジョウケン : イロウ コウガンザイ エンメイ チリョウ イツ ヤメマスカ
出版元 ブックマン社
刊行年月 2012.7
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89308-777-5
NCID BB09856974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想