児童・生徒の心と体の危機管理

石川瞭子, 吉村仁志 編著

児童・生徒を包む空間は安全なものではない。精神病様症状や多動性障害・学習障害ほかのさまざまな症状や障害をはじめとして、育児ネグレクトや性的虐待、校内暴力・少年犯罪・犯罪被害などの危機に学校はどう対応し、教育的な成果を目指せばいいのか。研究者、医師、カウンセラーが、事例を紹介しながら危機への対応の仕方を具体的にガイドする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学校の危機介入・初期対応を考える(学校の危機管理-事例1
  • 児童・生徒の危機のシグナル-事例2 ほか)
  • 第2章 体の危機管理(児童・生徒の体の異常の緊急度評価
  • 心肺停止 ほか)
  • 第3章 学校での心の危機介入・初期対応(夜尿・遺尿・遺糞
  • 強迫性障害・パニック障害・ヒステリー反応 ほか)
  • 第4章 忘れられない"出会いとつぶやき"(情緒不安定で、保健室と教室を行き来している:小学1年A男-事例1
  • 親切な気持ちが「死ね」という言葉になって:小学6年B子-事例2 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 児童・生徒の心と体の危機管理
著作者等 吉村 仁志
石川 瞭子
書名ヨミ ジドウ セイト ノ ココロ ト カラダ ノ キキ カンリ
書名別名 Jido seito no kokoro to karada no kiki kanri
出版元 青弓社
刊行年月 2012.7
ページ数 164p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7872-3343-1
NCID BB09799699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想