一問一答改正資産流動化法

本村彩 著

立案担当者が実務上の疑問に明快に答える。資産流動化スキームに係る規制の弾力化を図るべく改正された資産流動化法につき、改正の概要、実務論点を一問一答形式で解説。参照条文も併載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 改正の概要
  • 資産流動化計画の変更届出義務の一部免除
  • 資産流動化計画の変更に係る改定手続の創設
  • 従たる特定資産に係る特例制度の創設
  • 新たな特定資産の追加取得
  • 特定資産に関する事項等の変更に係る変更届出手続の整備
  • 組合出資持分等に係る資産取得制限の緩和
  • 特定資産の価格調査に係る規制の見直し(不動産に係る鑑定評価および第三者価格調査の二重負担の廃止)
  • 不動産の「鑑定評価」の意義の明確化
  • 特定資産の譲渡人による重要事項の告知義務等の廃止
  • 特定目的借入れの使途制限の撤廃
  • その他借入れの要件見直し
  • 特定資産の管理・処分により得られる金銭を原資とする特定資産の取得
  • 特定目的信託における社債的受益権に係る規定の整備
  • その他の論点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一問一答改正資産流動化法
著作者等 本村 彩
書名ヨミ イチモン イットウ カイセイ シサン リュウドウカホウ
書名別名 Ichimon itto kaisei shisan ryudokaho
シリーズ名 資産流動化法
出版元 キンザイ
金融財政事情研究会
刊行年月 2012.7
ページ数 427p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-322-12134-6
NCID BB10029509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想