携帯電話でガンになる!? : 国際がん研究機関評価の分析

電磁波問題市民研究会 編著

2011年5月31日、WHO(世界保健機関)の研究機関であるIARC(国際がん研究機関)が、携帯電話電磁波を含む高周波電磁波(場)を「2B」、すなわちヒトへの発がんリスクの可能性あり、と評価すると発表した。いま、スマートホンが爆発的な売れ行きをしめし、全国に携帯基地局が張り巡らされ、スカイツリーが開業した。私たちの身の回りには電磁波が飛び交い、健康影響を訴える人たちが急増している。本書はWHO評価の内容と意味を詳しく分析し、携帯電話電磁波問題にどう対処すればいいのかを提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高周波の健康影響を考えるために
  • 第2章 電磁波リスク論の枠組みを検討し、構築する
  • 第3章 「発がん可能性あり」(2B)の評価について
  • 第4章 海外ではどう反応し、どう対処したか
  • 第5章 携帯電話基地局からの高周波電磁波
  • 第6章 新しい技術で増える電波
  • 第7章 電磁波障害に医学は何が出来るか
  • 第8章 携帯電話・電磁波に対して市民・行政は何が出来るか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 携帯電話でガンになる!? : 国際がん研究機関評価の分析
著作者等 電磁波問題市民研究会
書名ヨミ ケイタイ デンワ デ ガン ニ ナル : コクサイ ガン ケンキュウ キカン ヒョウカ ノ ブンセキ
出版元 緑風
刊行年月 2012.7
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8461-1212-7
NCID BB10014272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想