今は鉄橋渡るぞと : 明治以来、天空を翔る鉄の花道を渡った列車

清川忠男, 坂井康祐, 林明良, 千﨑密夫, 福井惣一郎, 田中茂 撮影 ; 柴田太一郎 編集

5千枚以上も鉄橋の写真を撮り続けた人達のアルバムから。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 余部鉄橋建設に先立つ桃観トンネル工事
  • イギリス製テンダー機関車とD511
  • 現在も活躍するC56のラストナンバー機
  • SLからディーゼルの時代へ
  • 加悦駅SL広場で探す
  • 兵庫、鳥取、島根に展示されている鉄橋を渡ったSL
  • ギャラリー虹と花の谷余部と人物紹介
  • 余部鉄橋にまつわるエピソード
  • 定期列車の収録不足
  • 倉吉から鳥取駅へ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今は鉄橋渡るぞと : 明治以来、天空を翔る鉄の花道を渡った列車
著作者等 坂井 康祐
林 明良
柴田 太一郎
清川 忠男
書名ヨミ イマ ワ テッキョウ ワタルゾ ト : メイジ イライ テンクウ オ カケル テツ ノ ハナミチ オ ワタッタ レッシャ
出版元 神戸新聞総合出版センター
刊行年月 2012.7
ページ数 84p
大きさ 30cm
ISBN 978-4-343-00696-7
全国書誌番号
22136608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想