三国志 : 新訳演義  下巻

羅貫中 著 ; 久保天随 訳補

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第六十一囘 趙雲、江を截つて阿斗を奪ふ 孫權、書を遺つて老瞞を退く / 1
  • 第六十二囘 涪關を取つて、楊高、首を授く 雒城を攻めて、黄魏、功を爭ふ / 17
  • 第六十三囘 諸葛亮、龐統を痛哭す 張翼徳、義、嚴顏を釋す / 34
  • 第六十四囘 孔明、計を定めて張任を捉ふ 楊阜、兵を借りて馬超を破る / 51
  • 第六十五囘 馬超、大に葭萠關に戰ふ 劉備、益州の牧を領す / 67
  • 第六十六囘 關雲長、單刀會に赴く 伏皇后、國の爲に生を捐つ / 86
  • 第六十七囘 曹操、漢中の地を平定す 張遼、威、逍遙津に震ふ / 104
  • 第六十八囘 甘寧、百騎、魏營を刦す 左慈、盃を擲つて曹操に戲る / 121
  • 第六十九囘 周易をトして、管輅、機を知る 漢賊を討つて、五臣、節に死す / 138
  • 第七十囘 猛張飛、智、瓦口隘を取る 老黄忠、計、天蕩山を奪ふ / 154
  • 第七十一囘 對山を占めて、黄忠、逸、勞を待つ 漢水に據つて、趙雲、寡、衆に勝つ / 170
  • 第七十二囘 諸葛亮、智、漢中を取る 曹阿瞞、兵、斜谷に退く / 187
  • 第七十三囘 玄徳、位を漢中王に進む 雲長改めて襄陽郡を拔く / 201
  • 第七十四囘 龐令名、〓を擡げて死戰を決す 關雲長、水を放つて七軍を渰す / 216
  • 第七十五囘 關雲長、骨を刮つて毒を療す 呂子明、白衣、江を渡る / 230
  • 第七十六囘 徐公明、大に沔水に戰ふ 關雲長、敗れて麥城に走る / 243
  • 第七十七囘 玉泉山に、關公、聖を顯す 洛陽城に、曹操、神を感ず / 258
  • 第七十八囘 風疾を治して、神醫、身死す 遺命を傳へて、奸雄、數終る / 272
  • 第七十九囘 兄、弟に逼つて、曹植、詩を賦す 姪、叔を陷れて、劉封、法に伏す / 285
  • 第八十囘 曹丕、帝を廢して炎劉を簒す 漢王、位を正して大統を續ぐ / 298
  • 第八十一囘 兄の讐を急にして、張飛、害に遇ふ 弟の恨を雪いで、先主、兵を興す / 312
  • 第八十二囘 孫權、魏に降つて九錫を受く 先主、呉を征して六軍を賞す / 325
  • 第八十三囘 猇亭に戰つて、先主、讐人を得たり 江口を守つて、書生、大將に拜す / 339
  • 第八十四囘 陸遜、營、七百里を燒く 孔明、巧に八陣の圖を布く / 357
  • 第八十五囘 劉先主、遺詔、孤兒を託す 諸葛亮、安居、五路を平ぐ / 374
  • 第八十六囘 張温を難じて、秦宓、天辯を逞うす 曹丕を破つて、徐盛、火攻を用ふ / 391
  • 第八十七囘 南寇を征して、丞相、大に師を興す 天兵に抗して、蠻王、初め執を受く / 408
  • 第八十八囘 瀘水を渡つて、再び番王を縛す 詐降を識つて、三たび孟獲を擒にす / 425
  • 第八十九囘 武郷侯、四番、計を用ふ 南蠻王、五次、擒に遭ふ / 440
  • 第九十囘 巨獸を驅つて、六たび、蠻兵を破る 籐甲を燒いて、七たび、孟獲を擒にす / 458
  • 第九十一囘 瀘水を祭つて、漢相、師を班す 中原を伐つて、武侯、表を上る / 479
  • 第九十二囘 趙子龍、力、五將を斬る 諸葛亮、智、三城を取る / 494
  • 第九十三囘 姜伯約、孔明に歸降す 武郷侯、王〓を罵死す / 510
  • 第九十四囘 諸葛亮、雪に乘じて羌兵を破る 司馬懿、日を尅して孟達を擒にす / 527
  • 第九十五囘 馬謖、諫を拒んで街亭を失ふ 武侯、琴を彈じて仲達を退く / 544
  • 第九十六囘 孔明、涙を揮つて馬謖を斬る 周魴、髮を斷つて曹休を賺す / 563
  • 第九十七囘 魏國を討つて、武侯、再び表を上る 曹兵を破つて、姜維、詐つて書を獻ず / 577
  • 第九十八囘 漢軍を追うて、王雙、誅を受く 陳倉を取つて、武侯、勝を取る / 592
  • 第九十九囘 諸葛亮、大に魏兵を破る 司馬懿、入つて西蜀に寇す / 608
  • 第百囘 漢兵、寨を劫して曹眞を破る 武侯、陣を鬪はして仲達を辱む / 626
  • 第百一囘 隴上に出でて、諸葛、神を裝ふ 劍閣に奔つて、張郃、計に中る / 643
  • 第百二囘 司馬懿、北原渭橋を占む 諸葛亮、木牛流馬を造る
  • 第百三囘 上方谷に、司馬、困を受く 五丈原に、諸葛、星を禳ふ
  • 第百四囘 大星を殞して、漢の丞相、天に歸る 木像を見て、魏の〓督、膽を喪ふ / 700
  • 第百五囘 武侯、預め錦嚢の計を伏す 魏主、拆いて承露盤を取る / 712
  • 第百六囘 公孫淵、兵敗れて襄平に死す 司馬懿、詐り病んで曹爽を賺す / 729
  • 第百七囘 魏主の政、司馬氏に歸す 姜維の兵、牛頭山に敗る / 745
  • 第百八囘 丁奉、雪中に短兵を奮ふ 孫峻、席間に密計を施す / 763
  • 第百九囘 司馬を困む、漢將の奇謀 曹芳を廢す、魏家の果報
  • 第百十囘 文鴦、單騎、雄兵を退く 姜維、水を背にして大敵を破る
  • 第百十一囘 〓士載、智、姜伯約を敗る 諸葛誕、義、司馬昭を討つ
  • 第百十二囘 壽春を救うて、于詮、節に死す 長城を取つて、伯約、兵を鏖にす
  • 第百十三囘 丁奉、計を定めて孫綝を斬る 姜維、陣を鬪はして〓艾を破る
  • 第百十四囘 曹髦、車を驅つて南闕に死す 姜維、糧を棄てて魏兵に勝つ
  • 第百十五囘 班師を詔して、後主、讒を信ず 屯田に託して、姜維、禍を避く
  • 第百十六囘 鍾會、兵を漢中道に分つ 武侯、聖を定軍山に顯す
  • 第百十七囘 〓士載、偸に陰平を度る 諸葛瞻、綿竹に戰死す
  • 第百十八囘 祖廟に哭して、一王、孝に死す 西川に入つて、二士功を爭ふ
  • 第百十九囘 假りに投降して、巧計、虚話を成す 再び受禪して、依樣、葫蘆を畫く
  • 第百二十囘 杜預を薦めて、老將、新謀を獻ず 孫皓を降して、三分一統に歸す
  • 附録 諸葛亮にして死せざりせば / 944

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 三国志 : 新訳演義
著作者等 久保 天随
羅 貫中
久保天随 補
羅 貫中 明代
書名ヨミ サンゴクシ : シンヤク エンギ
書名別名 Sangokushi
シリーズ名 新編漢文叢書 ; 第13編
巻冊次 下巻
出版元 至誠堂書店
刊行年月 大正1
ページ数 979p
大きさ 16cm
全国書誌番号
42010422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想