やめたくなったら、こう考える

有森裕子 著

「これは"ほんとうの自分"じゃない!」「いまの会社はなんとなく合わない」-同じ仕事を五年も続ければ一度は迷う。やりがいを求め、「好きなこと」を仕事にしたいと望むのは自然なこと。でも、好き嫌いはやめる理由になるだろうか?自分に自信がもてず、不安でたまらなかった幼いころ。「走ること」との出会いは偶然だった。「これだったらできるかも」が「これだ!」と言える武器になるまで、平凡なランナーはあきらめなかった…。頑張る意味が見出しにくい世の中で、「頑張るしかない」と思える強さの源とは何か?-二大会連続メダリストの思考法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 好き嫌いはやめる理由にならない(「好きだから」は最強の理由にならない
  • 究めもしないで好き嫌いなんて判断できない ほか)
  • 第2章 「これしかない」と思える強さ(自信がなかった自分を変えてくれた学校外での経験
  • 「頑張れること」が自分の武器 ほか)
  • 第3章 勝つことへのこだわりをもつ(勝つために変えなければならなかったこと
  • 妬みや嫉妬を自分の力に ほか)
  • 第4章 「頑張るしかない」と思える力(クリアできそうな目標を一つひとつ積み重ねる
  • いちばん怖いのは、あきらめること ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やめたくなったら、こう考える
著作者等 有森 裕子
書名ヨミ ヤメタク ナッタラ コウ カンガエル
書名別名 Yametaku nattara ko kangaeru
シリーズ名 PHP新書 813
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.8
ページ数 174p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-80544-3
NCID BB09725105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想