戦争の記憶とイギリス帝国 : オーストラリア,カナダにおける植民地ナショナリズム

津田博司 著

[目次]

  • 序論 イギリス帝国の紐帯と二つの世界大戦
  • 第1部 大戦間期における戦没者追悼と「記憶の空間」(イギリス本国-休戦記念日の成立
  • カナダ-「高貴なる死」の記憶
  • オーストラリア-アンザック神話の形成)
  • 第2部 第二次世界大戦と「ブリティッシュネス」の拡散(イギリス本国-平和主義の進展と新たな大戦
  • オーストラリア-継続するアンザックの伝統
  • カナダ-カナダ国旗をめぐる論争とブリティッシュネス)
  • 第3部 脱植民地化と「新しいナショナリズム」(カナダ-脱植民地化のなかの「大国旗論争」
  • オーストラリア-アンザック・デイの脱植民地化)
  • 結論 帝国の終焉と多文化主義化する戦争の記憶

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争の記憶とイギリス帝国 : オーストラリア,カナダにおける植民地ナショナリズム
著作者等 津田 博司
書名ヨミ センソウ ノ キオク ト イギリス テイコク : オーストラリア カナダ ニ オケル ショクミンチ ナショナリズム
出版元 刀水書房
刊行年月 2012.6
ページ数 228p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88708-404-9
NCID BB09680404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想