桂三枝論

やまだりよこ 著

「ヤンタン」から第一線を走り続けて、約230もの創作落語、奇跡の繁昌亭を生んだスター落語家。そのドラマチックな軌跡を関係者の証言で解き明かす。六代桂文枝への長き道。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 便所場の電球-さびしがりやの夢
  • 第2章 サニーへの一本道-深夜ラジオで輝いて
  • 第3章 窓辺のマーガレットの如く-お茶の間という晴舞台
  • 第4章 探し求めたグッ!な落語道-「創作」が僕の世界
  • 第5章 寄席へいらっしゃい-上方落語の未来に遺すもの
  • 終章 不思議ななあ落語家人生-三枝のその先へ、六代文枝襲名
  • 桂三枝創作はなしの世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桂三枝論
著作者等 やまだ りよこ
書名ヨミ カツラ サンシ ロン
書名別名 Katsura sanshi ron
出版元 ヨシモトブックス
ワニブックス
刊行年月 2012.7
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8470-9092-9
NCID BB11245667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想