人類の原点を求めて : アベルからトゥーマイへ

ミシェル・ブリュネ 著 ; 諏訪元 監修 ; 山田美明 訳

ヒトとサルの分岐点はどこにあるのか。アフリカ大陸チャドの砂漠で、360万年前のアウストラロピテクス「アベル」と700万年前のサヘラントロプス「トゥーマイ」を発見した古人類学者ミシェル・ブリュネ教授の手記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人類の歴史
  • 2 チャドにて-アベルとトゥーマイの発見
  • 3 人類発祥の地を求めて-アジアからアフリカへ
  • 4 古生物学の調査とは?
  • 5 人類の太陽は西にも昇る
  • 6 これからの展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類の原点を求めて : アベルからトゥーマイへ
著作者等 Brunet, Michel
山田 美明
諏訪 元
ブリュネ ミシェル
書名ヨミ ジンルイ ノ ゲンテン オ モトメテ : アベル カラ トゥーマイ エ
書名別名 D'ABEL À TOUMAÏ
出版元 原書房
刊行年月 2012.7
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-04750-5
NCID BB09783371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想