深海の太陽

森田しほ 著

両親に愛されず十代の頃からゆきずりの男女の家を泊まり歩く生活をしてきた浅生真琴は、カメラマンとなった今も心に空虚を抱えたままだった。自分と同じ孤独な目をした光輝という少年を気まぐれに構ったこともあったが、つき離したまま音信不通に。十年後、再会した光輝は屈託ない笑顔が魅力的な好青年に成長しており、浅生に情熱的に迫るのだが。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 深海の太陽
著作者等 森田 しほ
書名ヨミ シンカイ ノ タイヨウ
シリーズ名 幻冬舎ルチル文庫 も1-2
出版元 幻冬舎
幻冬舎コミックス
刊行年月 2012.7
ページ数 255p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-344-82572-7
全国書誌番号
22097191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ひとひら 森田 しほ
深海の太陽 森田 しほ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想