きみ、うた、そして幸福

四ノ宮慶 著

「どうしたの、アンタ。今にも死にそうな顔して」秋の前に現れた青年からは恋人と同じ甘い煙草の香りがした-施設で育ち苦労して内科医となった秋は、恋人を失ったのと同時に職も住処もなくし途方に暮れていた。街に佇む秋に声をかけてきた純也に誘われるままに入ったバーで飲み慣れないカクテルを飲んだ秋は、懐かしい甘い煙草の香りに誘われるように純也と唇を重ね、悲しくつらい現実から逃れるように、そのまま身体も重ねてしまう。「どうせ部屋も余ってる」という純也と、帰る場所のない秋は同居生活を始めるが…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 きみ、うた、そして幸福
著作者等 四ノ宮 慶
書名ヨミ キミ ウタ ソシテ コウフク
書名別名 Kimi uta soshite kofuku
シリーズ名 花丸文庫BLACK シ-1-4
出版元 白泉社
刊行年月 2012.7
ページ数 241p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-592-85093-9
全国書誌番号
22102829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想