物権法

平野裕之 著

基本書と演習書の機能をあわせもつ法科大学院時代に最適な集約型テキスト。具体的な事例で考えるケース・スタディ方式で、「自分の頭で考える力」が身につく。司法試験対応の演習書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 物権の意義および種類
  • 物権の目的および効力
  • 物権変動総論1-公示と公信
  • 物権変動総論2-債権行為・物権行為
  • 不動産物権変動1-登記の意義と種類
  • 不動産物権変動2-177条の構造
  • 不動産物権変動3-「第三者」の客観的要件
  • 不動産物権変動4-「第三者」の主観的要件
  • 不動産物権変動5-登記を要する物権変動
  • 登記の申請と有効要件〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物権法
著作者等 平野 裕之
書名ヨミ ブッケンホウ
書名別名 Bukkenho
シリーズ名 新・論点講義シリーズ 10
出版元 弘文堂
刊行年月 2012.7
ページ数 325p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-335-31235-9
NCID BB09730455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想