スウィング・ジャパン = Swing Japan : 日系米軍兵ジミー・アラキと占領の記憶

秋尾沙戸子 著

差別の中で育ち、高校時代を強制収容所で過ごした日系二世。GHQ所属の「アメリカ兵」として、戦後日本に赴任したジャズマンは、灰燼に帰した両親の「祖国」で何を見たのか。後に日本文学研究者の道を選び、信長も寵愛した「幸若舞」などに「日本人の血」を探ったその生き方から、戦中戦後の日米の姿に光をあてる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鉄柵の中の「日本人村」
  • 第2章 ハリウッドへの道
  • 第3章 米陸軍日本語学校
  • 第4章 オキュパイド・ジャパン
  • 第5章 ジャズと軍務と文学と
  • 第6章 うずき始めた傷口

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スウィング・ジャパン = Swing Japan : 日系米軍兵ジミー・アラキと占領の記憶
著作者等 秋尾 沙戸子
書名ヨミ スウィング ジャパン : ニッケイ ベイグンヘイ ジミー アラキ ト センリョウ ノ キオク
書名別名 Swing Japan
出版元 新潮社
刊行年月 2012.7
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-437003-0
NCID BB09904363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想