揺らぐ男性のジェンダー意識

目黒依子, 矢澤澄子, 岡本英雄 編

経済不況と雇用不安が強まるなかで男性たちの意識はどう変わってきたか?20〜40代東京在住1523人の回答。一家のあるじとしてのプライドをもちつつ、妻の収入を期待し、自分で妻を介護したい。男性性と稼ぎ手役割の揺らぎ、パートナー選択と子育て・ケアの新たな兆しとは?雇用不安を生き抜く都市男性の動向を調査データから綿密に実証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 雇用不安と男性性の変容(雇用不安の背景
  • 社会変動と男性性)
  • 2 男性意識の諸相(男性のジェンダー意識とパートナー関係
  • 男性のジェンダー意識とリプロダクティブ・ライツ
  • 変容する男性の子ども観-子どもをもつことの意味
  • 「仕事と育児」バランスをめぐる男性意識-どのようにパートナーと分かち合おうとしているか
  • 男性のジェンダー意識と介護意識)
  • 3 揺らぐ男性の稼ぎ手役割意識(雇用不安定化のなかの男性の稼ぎ手役割意識
  • 夫たちの「夫婦関係に関する意識」-妻の就労と夫の経済力が及ぼす影響
  • 男性の家族扶養意識とジェンダー秩序)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 揺らぐ男性のジェンダー意識
著作者等 大槻 奈巳
山田 昌弘
岡本 英雄
島 直子
江原 由美子
渡邊 秀樹
目黒 依子
直井 道子
矢沢 澄子
舩橋 恵子
矢澤 澄子
書名ヨミ ユラグ ダンセイ ノ ジェンダー イシキ : シゴト カゾク カイゴ
書名別名 仕事・家族・介護
出版元 新曜社
刊行年月 2012.7
ページ数 204p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7885-1289-4
NCID BB09714007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想