真冬のスウェーデンに生きる障害者 : 日本の理学療法士が見た福祉国家

山口真人 著

人・モノ・空間といった「環境因子」が、この国の福祉制度を支えている。写真とともに巡る障害者の暮らし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東海岸のイェヴレ市とサンドヴィーケン市を訪ねる(インゲル・ロムダール-多発性硬化症を患いながら、個人アシスタントに支えられてアパートで暮らす
  • 個人アシスタント制度とは?
  • スーネ・ポーゲフォシュ(Sune Bogefors)-パーキンソン病と慢性関節リウマチを患いながら、高齢者向けのケア付き集合住宅に暮らす
  • イェヴレの町を歩く
  • 第2章 最果ての町、北極圏のキルナ市へ(サーミ人の理学療法士からキルナ市を知る
  • 高齢者向けケア付き集合住宅を垣間見る
  • 障害者の「生きがい」を支える活動所をめぐる)
  • 第3章 カレスアンド地区へ 片道一八〇キロメートルの訪問リハビリ(片道一八〇キロメートルの訪問リハビリ
  • 講演会、そしてキルナ市最後の夜を楽しむ)
  • 第4章 中央部の湖畔の町、エステシュンド市へ(ベンクト・オルソン-購入したアパートに脳卒中の後遺症を抱えながら一人で暮らす
  • シェル・グスタフソン-「家族ケア者」制度を利用しながら妻と二人で長屋のアパートに暮らす
  • カーリン・スヴェード-多発性硬化症を患いながら町中のサービスアパートに暮らす)
  • 第5章 ICF(国際生活機能分類)で見るスウェーデンの障害者の冬の暮らし(ICFとは?
  • インゲルの「生活機能と障害」を「環境因子」との関係で捉える
  • 見えてくる日本の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真冬のスウェーデンに生きる障害者 : 日本の理学療法士が見た福祉国家
著作者等 山口 真人
書名ヨミ マフユ ノ スウェーデン ニ イキル ショウガイシャ : ニホン ノ リガク リョウホウシ ガ ミタ フクシ コッカ
出版元 新評論
刊行年月 2012.7
ページ数 292p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7948-0908-7
NCID BB09784192
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想