王女の男  下

キムジョンミン, チョジョンジュ, キムウク, イヨンヨン 著 ; 金重明 訳

首陽大君が仕掛けた癸酉靖難により、キム・スンユは最愛の父や兄を失い、みずからは九死に一生を得て漢城に舞い戻る。かたや首陽大君の長女セリョンはスンユの親友シン・ミョンとの婚儀が決まったものの、スンユのことを片時も忘れられずにいた。婚礼の当日、スンユはセリョンをさらって逃走。ふたりは再会を果たすが-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王女の男
著作者等 キム ウク
キム ジョンミン
チョ ジョンジュ
金 重明
イ ヨンヨン
書名ヨミ オウジョ ノ オトコ
巻冊次
出版元 キネマ旬報社
刊行年月 2012.7
ページ数 415p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87376-403-0
全国書誌番号
22134754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想