家族連鎖のセラピー : ゲシュタルト療法の視点から

百武正嗣 著

個人で解決できない問題の背後に隠されている「秘密」とは?「今-ここ」の自分に気づくことで身心を統合するゲシュタルト療法の視点から、世代間に伝達される"愛情のもつれ"(=家族連鎖)を解きほぐす技法について、わかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家族の風景(家族というもの
  • 感情はエネルギー
  • 家族の彫刻
  • 家族は生き続ける)
  • 第2章 家族の隠されたメッセージ(家族が創り出すもの
  • 感情は共鳴する
  • 感情は同化する
  • 愛情はシステムになる)
  • 第3章 家族連鎖とは何か(家族は心の拠り所
  • 家族連鎖
  • 怒りの世代連鎖
  • 家族のベクトル)
  • 第4章 家族連鎖の理論的背景(ゲシュタルト療法
  • 場の理論
  • 家族の彫刻
  • 未解決な問題
  • 身体記憶システム)
  • むすび 祖先を見つめるまなざし(ある屋台での出来事
  • 身体は愛に向かって動く
  • 家族連鎖が伝えてくれるもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族連鎖のセラピー : ゲシュタルト療法の視点から
著作者等 百武 正嗣
書名ヨミ カゾク レンサ ノ セラピー : ゲシュタルト リョウホウ ノ シテン カラ
書名別名 Kazoku rensa no serapi
出版元 春秋社
刊行年月 2012.7
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-393-36061-3
NCID BB09907827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想