島尾敏雄

岩谷征捷 著

名作『死の棘』の原風景へ。島尾敏雄自身が「刺激的な励ましの書」と評した著者の『島尾敏雄論』から三十年、研究の集大成として著した渾身の島尾文学論。作家とその妻への深いまなざしが、読む者に静かな感動を呼ぶ一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『死の棘』を読むために
  • 書くという病-『死の棘』感想
  • 治癒のための小説
  • にんげんの加害力-"特攻待機"体験
  • 私注「島へ」
  • 父祖の地・相馬小高町へ
  • Nangasakuへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 島尾敏雄
著作者等 岩谷 征捷
書名ヨミ シマオ トシオ
書名別名 Shimao toshio
出版元 鳥影社
刊行年月 2012.7
ページ数 343p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86265-364-2
NCID BB09775704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22114120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想