中国大分裂 : 改革開放路線の終焉と反動

長谷川慶太郎 著

熾烈を極める現政権vs人民解放軍。薄煕来氏(重慶市党書記)の失脚により共産党と軍の亀裂が決定的。瀋陽軍区の傀儡・北朝鮮の動向が焦点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 瀋陽軍区のロボットとなった北朝鮮
  • 第1章 中国経済のカゲリと毛沢東思想の復活
  • 第2章 中国共産党の変質に苛立つ人民解放軍
  • 第3章 瀋陽軍区は北京にとって「腫物」的存在
  • 第4章 文民統制が効かなくなってきた人民解放軍
  • 第5章 「平和ボケ」の日本に未来はあるのか
  • 第6章 世界中から見直される日本の底力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国大分裂 : 改革開放路線の終焉と反動
著作者等 長谷川 慶太郎
書名ヨミ チュウゴク ダイブンレツ : カイカク カイホウ ロセン ノ シュウエン ト ハンドウ
出版元 実業之日本社
刊行年月 2012.7
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-408-10943-5
NCID BB10186733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想