流域環境の保全

木平勇吉 編

[目次]

  • 1 流域環境保全の事例調査(信濃川流域における環境保全運動-通船川・栗ノ木川下流再生市民会議の設立過程とその後の展開
  • 四万十川と流域環境保全
  • 桂川・相模川流域協議会
  • 住民の川への「思い」と白神山地問題-「赤石川を守る会」の活動を中心に
  • 河川の流域/意味の流域-芦生・なめこ生産組合から美山町・グリーンツーリズムへ
  • 国有林地帯での流域環境保全への住民のかかわり-戦後50年間の変化)
  • 2 流域環境保全の目的・方法・課題(流域とは何か
  • 住民にとって「流域」とは何か
  • 流域保全をめぐるパートナーシップ
  • 山村の内発的発展を支えるリーダーたち-リーダーシップとそのあり方
  • 地域共同体の崩壊と再構築について
  • 四万十川と家地川ダム撤去問題
  • 森林計画の立案過程への住民参加)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流域環境の保全
著作者等 木平 勇吉
書名ヨミ リュウイキ カンキョウ ノ ホゼン
出版元 朝倉書店
刊行年月 2012.7
版表示 普及版.
ページ数 133p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-254-18038-1
NCID BB09924440
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想