ジパング島発見記

山本兼一 著

種子島に鉄炮を伝えた女難の美男ゼイモト。冒険商人ホラ吹きピント。キリスト教を伝えに来日した耳鳴り持ちのザビエル。日本初の病院を作ったアルメイダ。語学堪能で記録癖のフロイス。東洋人を極端に蔑視するカブラル布教長。天正少年使節団を遣欧したヴァリニャーノ。大航海時代、西洋人7人が発見した最果ての島国-織田信長ら戦国武将の実態、珍妙な文化や風習を描く画期的な戦国歴史小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジパング島発見記
著作者等 山本 兼一
書名ヨミ ジパングトウ ハッケンキ
書名別名 Jipanguto hakkenki
シリーズ名 集英社文庫 や43-2
出版元 集英社
刊行年月 2012.7
ページ数 386p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746855-7
NCID BB09859382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想