道絶えずば、また

松井今朝子 著

江戸中村座。立女形三代目荻野沢之丞が、引退を決めて臨んだ舞台で、奈落へ落ちて死んだ。大道具方の甚兵衛が疑われたが、後日首を吊った姿で見つかる。次に沢之丞の次男・宇源次が、跡目相続がらみで怪しまれた。探索にあたる北町奉行所同心・薗部は、水死体であがった大工の筋から、大奥を巻き込んでの事件の繋がりに気づくのだが…。多彩な生き様のなかに芸の理を説く長編時代ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道絶えずば、また
著作者等 松井 今朝子
書名ヨミ ミチ タエズバ マタ
シリーズ名 集英社文庫 ま14-3
出版元 集英社
刊行年月 2012.7
ページ数 402p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746854-0
NCID BB0985587X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想