呉田博士 : 探偵奇譚  4編

三津木春影 著

[目次]

  • 目次
  • 河底の寳玉
  • 一、 差出人無き眞珠の小包 父を尋ぬる可憐の一美人 / 3
  • 二、 劇場前の怪馬車 濃霧を突きて何處に行く / 17
  • 三、 待受たは禿頭の異樣の人物 いざ、亡父の秘密を物語らん / 28
  • 四、 臨終の窓を覗く奇怪の髭面 天井の密室に五十万圓の寳玉凾 / 41
  • 五、 月光の室に浮く物凄き生首 果然、寳玉凾の紛失 / 55
  • 六、 天井の密室の臨檢 犯罪史上の新生面 / 71
  • 七、 恐るべき死因は毒刺に在り 犯人に對する警部の誤解 / 81
  • 八、 深夜の馬車に戀の苦悶 歸りの馬車は犬と同乘 / 95
  • 九、 呉田博士の大輕業 藥臭を嗅ぎゆく獵犬の鋭敏 / 101
  • 一〇、 驚く可き推論は當るか當らぬか 獵犬トビーの滑稽なる失敗 / 112
  • 一一、 噫、遂に端艇にて逃走か 貸舟屋に於ける思はぬ手懸り / 120
  • 一二、 自分勝手の新聞記事 阿瀬田警部の活躍振り / 129
  • 一三、 浮浪人探偵局員の招集 共犯者は印度の蠻民か / 137
  • 一四、 一夜にして憔悴枯稿 ああ、汽艇の捜索悉く無効 / 146
  • 一五、 常識警部の來訪 打つて變つた謙遜な口調 / 157
  • 一六、 現れ出た蹌跟の怪船乘 假髮を取れば、こは如何に / 165
  • 一七、 機關士、全速力! 呉田博士等水上署艇にての追跡 / 174
  • 一八、 物凄き河上の大活劇 恐ろしき犯人の捕縛と黒奴の銃殺 / 188
  • 一九、 凶惡なる船室内の犯人 古代鐵製の寳玉凾の陸上げ / 198
  • 二〇、 此は如何に、此は、此は如何に 嗚呼、寳玉は藻抜けのから / 206
  • 二一、 拾はれぬ河底の寳玉 犯人の驚くべき自白譚 / 215
  • 二二、 印度叛軍の大暴動 義勇兵となり城門守護 / 225
  • 二三、 仲間にならねば刺し殺すぞ 印度兵の恐ろしき恐脅 / 235
  • 二四、 雨夜の城の商人殺し 死骸は地下へ、寳玉凾は壁へ / 245
  • 二五、 寳玉の報酬は島破り 欺した少佐へ復讐の計畫 / 256
  • 二六、 博士は全く探偵の天才家である 長い長い茂十の物語は盡きた / 269

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 呉田博士 : 探偵奇譚
著作者等 三津木 春影
書名ヨミ クレタ ハカセ : タンテイ キダン
書名別名 Kureta hakase
巻冊次 4編
出版元 中興館
刊行年月 大正1-4
ページ数 3冊 (246, 280, 244p)
大きさ 19cm
全国書誌番号
42008755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想