走る哲学

為末大 著

25年間走り続けてきた男が、考え、見つめてきたこととは-フォロワー10万人のツイッターを書籍化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自分を軸に
  • 対談 ルールに適応する事
  • 第2章 社会を軸に
  • 対談 ツイッターと日本文化
  • 第3章 コミュニケーション
  • 対談 スポーツが社会にできる事
  • 第4章 スポーツ
  • 対談 撤退の戦略、滅びの美学
  • 第5章 ふたたび、自分を軸に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 走る哲学
著作者等 為末 大
書名ヨミ ハシル テツガク
書名別名 Hashiru tetsugaku
シリーズ名 扶桑社新書 122
出版元 扶桑社
刊行年月 2012.7
ページ数 223p 図版16p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-594-06644-4
NCID BB09925647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想