下ネタという概念が存在しない退屈な世界

赤城大空 著

「お○んぽおお!」少女は叫びながら、駅の構内を走り出した。その瞬間、僕はすっころんだ。16年前の「公序良俗健全育成法」成立により、日本から性的な言葉が喪われた時代。憧れの先輩・アンナが生徒会長を務める国内有数の風紀優良校に入学した奥間狸吉は、"雪原の青"と名乗るペロリストに弱みを握られ、下ネタテロ組織「SOX」のメンバーとなってしまった…!そこはプリズン?それとも、ハーレム?第6回小学館ライトノベル大賞・優秀賞を受賞したノンストップハイテンションYトークコメディ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 下ネタという概念が存在しない退屈な世界
著作者等 赤城 大空
書名ヨミ シモネタ ト イウ ガイネン ガ ソンザイ シナイ タイクツ ナ セカイ
シリーズ名 ガガガ文庫 ガあ11-1
出版元 小学館
刊行年月 2012.7
ページ数 293p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-451352-3
全国書誌番号
22135479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想