レヴィ=ストロース : まなざしの構造主義

出口顯 著

人類学を刷新しただけでなく、二十世紀後半の思想の流れを根底から変えた巨人・レヴィ=ストロース。神話、家、仮面、自己などの重要な主題をめぐりつつ、生涯をかけて他者を探求し、かぎりなく他者に開かれつづけた、その「まなざし」を問う中から、「漂泊の思想家」という新しい姿を描き出し、さらに人類学の最前線へ向かう。いままでになかったレヴィ=ストロース入門にして、レヴィ=ストロース論の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神話への旅-移動する普遍(海の上の構造主義
  • 仮面と地震
  • 旅する「家」)
  • 2 他者への回帰(遠いまなざし
  • 「モンテーニュ再読」
  • Topsy‐turvydom)
  • 3 現代のシャーマン(パースペクティヴィズムと遠いまなざし-レヴィ=ストロースと現代の人類学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レヴィ=ストロース : まなざしの構造主義
著作者等 出口 顯
書名ヨミ レヴィ ストロース : マナザシ ノ コウゾウ シュギ
書名別名 Revi sutorosu
シリーズ名 現代思想の現在 046
河出ブックス 046
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.7
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-62446-4
NCID BB09741870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想