光線

村田喜代子 著

東日本の大地が鳴動した数日後、ガンの疑いが現われる。日本列島の南端の町で、放射線治療を受ける一ヶ月余のあいだ、震災と原発をめぐる騒動をテレビで繰り返し見つめつづけた。治療を終え、ガンが消えた身体になった著者は、「自分も今一度生きよう」と心に決める-。一国の災厄と自らの身に起きた変動を、見事に文学へと昇華した稀有の連作小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光線
著作者等 村田 喜代子
書名ヨミ コウセン
書名別名 Kosen
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.7
ページ数 217p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-381550-3
NCID BB10120112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想