日本中近世移行期論

池上裕子 著

[目次]

  • 第1部 村落論(中近世移行期を考える-村落論を中心に
  • 武士や被官のいる戦国の村
  • 武蔵国荒川郷と荒川衆
  • 上野国の地侍飯塚氏と三波川村
  • 宿・市と村)
  • 第2部 領主論(中世後期の国郡と地域
  • 戦国期北信の武士と上杉氏の支配
  • 戦国大名北条氏の品川支配
  • 伊達政宗を通してみた豊臣政権)
  • 第3部 検地論(大名領国制と荘園-織田信長の政策を中心に
  • 検地と石高制
  • 越後国阿賀北の「安田領検地帳」について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本中近世移行期論
著作者等 池上 裕子
書名ヨミ ニホン チュウキンセイ イコウキロン
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2012.7
ページ数 442p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7517-4400-0
NCID BB0962358X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想