夏は、愛と殺人の季節

西村京太郎 著

私立探偵の橋本は長谷部徳子の依頼を受け、娘のかおりの恋人で失踪した河西弘に手紙を渡すため、城崎に向かった。しかし河西は二年前に交通事故死していた。数日後、長谷部徳子が絞殺されているのが発見され、十津川警部が捜査を担当することになった。橋本の協力を得て捜査を進めるが、事件の鍵を握る人物がつぎつぎに殺害されてしまう。連続殺人事件の背後に潜む意外な繋がりをつかんだ十津川警部は…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夏は、愛と殺人の季節
著作者等 西村 京太郎
書名ヨミ ナツ ワ アイ ト サツジン ノ キセツ
シリーズ名 十津川警部 に-01-52
双葉文庫 に-01-52
出版元 双葉社
刊行年月 2012.7
ページ数 347p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-575-51509-1
全国書誌番号
22134550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想