葫蘆島からの脱出 : 幻想の器だった満州

田村幸雄 著

敗色濃い太平洋戦争末期-突然のソ連参戦による満州国の崩壊!3人の子供を引き連れ、内戦最中、激戦の地500キロを突破して、混迷の極にある祖国に辿りついた。戦後の荒波を乗り越えて、ただひたすら走り続けた明治女の一代記である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 芸は身を助ける
  • 第2章 激動の地へ
  • 第3章 ソ連軍、突然の参戦
  • 第4章 混迷のなか、日本人会設立
  • 第5章 あの山越えて
  • 第6章 父の口ぐせ"率先急行"が母のがんばり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 葫蘆島からの脱出 : 幻想の器だった満州
著作者等 田村 幸雄
書名ヨミ コロトウ カラ ノ ダッシュツ : ゲンソウ ノ ウツワ ダッタ マンシュウ
出版元 ミヤオビパブリッシング
宮帯出版社
刊行年月 2012.6
ページ数 206p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86366-847-8
NCID BB1654436X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想