財務3表実践活用法 : 会計でビジネスの全体像をつかむ

國貞克則 著

決算書は「企業経営の成績書」といわれるが、実は過去を振り返るだけでなく、ビジネスの構造や将来を考える材料としても使える。累計50万部突破の「財務3表シリーズ」第3弾。「理解」から「分析」、そして「実践活用」へ。あなたの会社の事業で即、使える。全ビジネスマン必読。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 会計を通して、ビジネス全体を俯瞰しコントロールする(会計でビジネスの何が見え、何ができるか
  • 経営の効率と経営者の意思が財務諸表に表れる
  • 財務諸表で事業再生案を考える
  • 予算を策定しコントロールする)
  • 第2章 利益と現金の違いを認識する(収支計算書だけでは起業できない
  • キャッシュフローはごまかせない)
  • 第3章 世の中は「投資」と「リターン」で回っている(投資評価について
  • M&Aにおける会社の値段の決め方
  • 個人の生活も「投資」と「リターン」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 財務3表実践活用法 : 会計でビジネスの全体像をつかむ
著作者等 國貞 克則
書名ヨミ ザイム サンピョウ ジッセン カツヨウホウ : カイケイ デ ビジネス ノ ゼンタイゾウ オ ツカム
シリーズ名 朝日新書 356
出版元 朝日新聞
刊行年月 2012.7
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273456-3
NCID BB09734831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想