真田軍神伝 : 逆襲大坂の陣

津野田幸作 著

慶長十九年に起こった大坂・冬の陣は、真田丸を築いた幸村などの活躍もあり、和議によって収束した。しかし、家康はその裏で謀計を巡らし、豊臣家を殱滅せんと画策する。秀頼を救い、家康の野望を打ち砕くべく、いま幸村の百計が次々と花開いた。大坂・夏の陣が始まると同時に、密かに福島正則は西軍に寝返り、立花宗茂と共に姫路城を奇襲する。後藤又兵衛や長宗我部盛親などの勇将が奮迅する中、幸村が最後に仕掛けたさらなる秘策とは。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真田軍神伝 : 逆襲大坂の陣
著作者等 津野田 幸作
書名ヨミ サナダ グンシンデン : ギャクシュウ オオサカ ノ ジン
シリーズ名 学研M文庫 つ-5-1
出版元 学研パブリッシング
学研マーケティング
刊行年月 2012.7
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-05-900768-5
全国書誌番号
22112456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想