なぜ、「怒る」のをやめられないのか : 「怒り恐怖症」と受動的攻撃

片田珠美 著

「怒り」とは、「何かうまくいっていないことがある」というサイン。生きる上で非常に重要な感情である。しかし「怒りを自覚すること」の大切さを教えてもらえず、我慢させられるばかりで(または理不尽な怒りの恐怖の中で)育つと、「怒り恐怖症」に陥ってしまう。その症状としては二つにわかれる。一方は怒ることを否認し、怒りを自分自身に向けたり、怒りを偽装して「受動的攻撃」という形(「やるべきことをしない」「遅らせる」「忘れる」等々)で敵意を表出する。もう一方は、怒りを溜めこんだあげく、キレる症状である。「怒らない」ことが盛んに目指されるが、抑圧した怒りは必ず別の形で表れ、連鎖し、人間関係や自分自身を傷つける。本書ではしつこい怒りを醸成する依存や支配、競争関係に注目しつつ事例を分析。怒りを適切に表現する大切さとその方法を探っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに なぜいま、「怒り」、-とくに「ゆがんだ怒り」を取り上げるのか?
  • 第1章 抑圧された怒りはどこへいくのか?
  • 第2章 自分自身に向けられる怒り
  • 第3章 受動的攻撃-こそこそと怒りを表現する人たち
  • 第4章 なぜ怒りを直接出せないのか?
  • 第5章 怒りの応酬、怒りの連鎖
  • 第6章 処方箋-怒りをそんなに怖れるな

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、「怒る」のをやめられないのか : 「怒り恐怖症」と受動的攻撃
著作者等 片田 珠美
書名ヨミ ナゼ オコル ノオ ヤメラレナイ ノカ : イカリ キョウフショウ ト ジュドウテキ コウゲキ
シリーズ名 光文社新書 592
出版元 光文社
刊行年月 2012.7
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03695-9
NCID BB09730025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想