身過ぎの錐

鈴木英治 著

回復の兆しを見せない米田屋光右衛門の病が気掛りな湯瀬直之進は、伝手を頼り高名な医者雄哲を米田屋に招いていた。だが、診察を終えた雄哲の所見に、直之進をはじめ米田屋の三姉妹らは言葉を失う。そんな折、富くじが当たり思わぬ大金を手にしたばかりの平川琢ノ介の元に、口入屋菱田屋の用心棒仕事が舞い込み…。人気書き下ろし長編時代小説第二十三弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身過ぎの錐
著作者等 鈴木 英治
書名ヨミ ミスギ ノ キリ
シリーズ名 口入屋用心棒 す-08-23
双葉文庫 す-08-23
出版元 双葉社
刊行年月 2012.7
ページ数 369p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-575-66570-3
NCID BB21722263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22112391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想